名刺

名刺作成に必要な料金

名刺を見せている男性

新しく会社を立ち上げるというのはなにかとお金がかかるものです。ですから少しでもコストを削減したいというのは正直なところですが、その点でできることは名刺作成の料金を抑えることかもしれません。名刺作成はインターネットの業者を使うこと、特に激安料金を宣伝している業者が良いかもしれません。
とはいえ多くの人は名刺作成にどのくらいの料金がかかるのかということを知らない人も多いです。100枚くらいであればそれほどもありませんが、数が多くなるとそれなりの費用になってきますし、気になるところです。安い業者であれば100枚で500円以下に抑えることも可能ですので、そのような業者はありがたいですし、そこそこの仕上がりであれば満足できるでしょう。クオリティにこだわるのであればもう少し値段が高く、良質なものを作成している業者を探すことができます。
そして名刺作成には、データを持ち込んでのものなのか、スタンダードがものか、あるいはオリジナルでこだわりのあるものなのか、またオプションなどを使うものなのかなどによって変わってきますので、名刺作成にどの程度の思い入れがあるかによっても料金は変わることになります。普通な感じのもので良いのであれば、かなり安く名刺作成が可能です。

選択肢が広がった名刺の作成

名刺作成の方法は現在ではいろんな選択肢があります。従来に多かった印刷会社に依頼する方法から自社でフォーマットに印刷して作る方法もあります。また個人的にパソコンで作成して名刺専用紙に印刷する方法もあります。印刷会社に依頼するのは費用としては一番高いのですが最近は自作でもできることから価格も安くなっています。自分で作る手間を考えればいつもの印刷会社に作ってもらうほうが費用対効果が高い場合も考えられます。
印刷会社の名刺のほうが仕上がりや紙質などクオリティの高いものができますし、また凝ったデザインや特別な紙を選んだり、パソコンのプリンターではできない個性的な形状のものを作ったりするときには向いているといえます。一方でパソコンで名刺作成ソフトでフォーマットに情報を入力して専用用紙で印刷するとカットする手間も省けてずいぶんと安く仕上げることもできます。
この場合は選べる紙が一般のプリンターで使用できるものに限られているので紙厚も限度がありますがそれなりのものができるようにはなっています。また自分でデザインして印刷とカットをネットを利用して作ってもらうサービスなどもあります。このように時間がない場合、安く作りたい場合、個性的で印象に残るような名刺にしたい場合などケース倍ケースで名刺作成方法の選択肢も広がっています。

おしゃれな名刺を作るには

おしゃれな名刺を作るにはデザインが重要です。デザインには法則があって、おしゃれなデザインに必要なポイントがあります。名刺のフォントのサイズにメリハリをつけると見やすさや、相手に印象に残る名刺を作ることが出来ます。名前のフォントは出来るだけ大きくしましょう。また、フォントの種類も行書体などは見にくく誤読の原因にもなったりするのでゴシックなどの見やすいフォントにしましょう。
また、配置やレイアウトにも注意が必要です。もらった相手が違和感を感じない名刺にしましょう。デザインがあまりにも斬新だと相手が違和感を感じやすいです。加工オプションなどを使って名刺をおしゃれにしましょう。社名やロゴマークなどはエンボス加工などをして高級感を出すとおしゃれ感が出ます。しかし、あまり加工しすぎると内容が入ってこないので注意が必要です。
また、原色の色は出来るだけ避けましょう。原色の色は目が疲れる名刺になってしまって、相手に不快感が生まれてしまうので原色を使う場合はアクセントカラーとして利用するのがいいでしょう。デザインに困ってしまったときは、線を1本入れるだけでも印象がかわります。また、名前の1文字だけ色を変えてもおしゃれになったりします。名刺を作るときはおしゃれにしてアピールしましょう。


低コストで高品質な出来上がり!名刺印刷を依頼するなら《ADPRINT》がオススメです!デザインを選んで簡単に注文が可能なとても使いやすい印刷会社です!

最新の記事

名刺

ネット注文で印象深い名刺を作成可能

インターネットが普及した現代においては、紙媒体からデジタルへの移行が進み、ビジネス文書もネット上で管理されるケースが多くなりました。しかし、名刺に限っては依然としてオフラインにおける重要な情報伝達ツールとして機能し続けています。ネットが普及した…

MORE

打ち合わせ

オフ会用の名刺作成

オフ会用の名刺作成が最近ではよく作られています。就職している会社の名刺ではなく、掲示板やチャット、SNS等のインターネット上で知り合った方同士が現に出会うときに用いられます。このときにやはり、自分は何者なのかを紹介するときに名刺が使われるように…

MORE

TOP